未分類

実際に行った保活について

離乳食って慌てて作ったらダメですね…豆腐ハンバーグを作ろうとしたのですが、豆腐の水を切るのを忘れて、繋ぎを多くしようとして片栗粉増やしたら、気持ち悪いものができてしまった…反省

今日はついに我が家でも始まった保活について書いていきたいと思います。

そもそも保活って?

保活とは、自分の子供を保育園に入れるための準備やその活動を行うことです。
実際に子供を産むまで、「保活」という言葉を知りませんでした。。。
周りの先輩ママさん達が保育園に入れるか不安という話をよく聞いていましたが、ついに我が家にも来てしまいました。
次に私が保活として実際に行ったことを書きたいと思います。

保活①保育園見学

実は会社の先輩から保育園の見学は妊娠中にした方がしっかり見れと聞いていたので妊娠中にすでに保育園見学を済ませておりました。結果コロナの影響もあったので本当に事前に見学を済ませておいてよかったです。
確かに保育園の見学に行った際、小さいお子さんを連れた方もいらっしゃいましたが子供があちこち走り回っていて、子供を見ながら保育園の見学をするのが大変そうでした…
私は家から徒歩で行けそうな保育園を4つほど見学に行きました。
そこで思ったことがあります。
それは時間がある方はぜひ保育園の見学をした方が良いと言うことです!
保育園を選ぶ基準は、家から近いところや学習内容などいろいろあるかと思いますが、その中でも保育園との相性って大事だと思います。
私は保育園を数園見学して、ここに預けたい!と思う園もあれば、正直あれ?っと思った園もありました。会社の先輩の話ですが、家から1番近いという理由で保育園を決めて、実際入ってみたら保育士さんと全然合わなかったという話も聞きました。
第一希望に書いたから入れるというわけではありませんが、せっかくなら相性の良い保育園に入れたいと思ったので、見学して実際の雰囲気を感じていただくことをお勧めします。

保活②保活コンシェルジュに相談

私の住んでいる地域には、保活コンシェルジュと呼ばれる方がいて相談することができました。
結論から言うと、相談してよかったです!
保活ははじめてなので保育園の申し込みに関してはわからないことだからだったのですが、質問に関して的確にアドバイスをいただきました。インターネットでは出てこないようなコツも教えてもらうことができたので本当に相談してよかったです。
詳細については地区によって違うところも多いと思うのでここでは書きませんが、住んでる地域に保活コンシェルジュ(または保活について相談できる窓口)があれば是非相談することをお勧めします

まとめ

今回は保活について書きました。
具体的な内容を書いてない部分も多いので、参考になるかわかりませんが、私がお勧めしたいのはこの2点です。
・気になる保育園は見学する(見学に行く時期は、妊娠中がおすすめ!)
・保活コンシェルジュ(または保活を相談できる窓口)に相談する
あとは、保育園入園の書類の提出期日は、ちゃんと確認しておいたほうが良いと思います。4月入園だと、ほかの月の入園に比べて、締め切りが早くなっていると思いますので、資料なども早めに取り寄せたり、準備しておくといいかもしれません。(会社に書いてもらう書類などもあるので)
以上、参考になれば幸いです。
 

にほんブログ村「2019年生まれ」ランキングに参加中です。
応援クリックしてもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 子育てブログ 2019年4月〜20年3月生まれの子へ

 

ABOUT ME
不器用下町ママ
2019年12月第一子、2021年5月に第二子誕生。現在育休中。 子育てに奮闘しながら、何気ない日々でも、子供がいるだけで毎日発見の繰り返しを楽しんでいます♪