出産

一人目と二人目のつわりの違いとその対策

今まで安定期に入るまで二人目妊娠のことは書かなかったので、このタイミング(妊娠7ヶ月)ですが、少しずつ書いていきたいと思います。

一人目の時と似たようなタイミングでつわりが始まりました。
時期的には、だいたい妊娠がわかってから二週間くらいだったと思います。
2回とも食べづわりでしたね。
※食べづわりとは、空腹になると気持ち悪くなってしまうという症状です。
今回は一人目と二人目のつわりの違いについて書いていきたいと思います。

ダメだった臭い

2人目の時はとくにこれはダメ…というニオイはありませんでしたが、1人目の時は
・カップラーメン
・米が炊ける臭い
がダメでした…
特に1人目の時はフルタイムで仕事をしており、お昼はよく職場でカップラーメンを食べている同僚も多く、本当にしんどかった…カップラーメンの匂いって結構こもるんですよね。なので、お昼が終わっても漂っている匂いがなんともしんどかったのを覚えています。
二人目の時はダメというほどでもないですが、煮物の匂いが少しキツかったかな?くらいでしたね。

つわり対策

食べづわりのため、ひたすら何か口に入れていましたσ(^_^;)
・飴(特にはちみつ金柑のど飴)
・グミ
は必須でしたね。
これは一人目も二人目も変わらずでした。
あとは下の食べ物に大変お世話になりました。
・マックポテト
油物が非常に食べたくなり、マックのポテトにはものすごくお世話になりました!!
・納豆巻きと豚汁
酸っぱいもの(特に酢飯!)が食べたくて、よく納豆巻きを買っていました。
本当はお寿司が食べたかったですが、万が一当たったら困るので、一人目の時は特に制限していました。
二人目は正直、制限はしていますが一人目の時ほど我慢はしていません笑
ただ、マグロなど水銀系の魚は目安量は守るようにしています
また、お腹を温めたかったので豚汁もよく買っていました。(つわりがひどい時期は仕事もそこそこ忙しく、作るのもしんどかったのでコンビニの豚汁にお世話になってました・・・)

症状

いうまでもなく吐き気はもちろんなのですが…
2人目の時は胃がとても痛くなることが多かったように思います。
貰える薬も妊娠中なので、即効性のある薬は無理なので正直もらったはいいものの効果があったかは実感できませんでしたが・・・
あとは、共通していた症状としては眠気ですね。
1人目の時は仕事で車の運転をする機会も多く、とにかく事故らないように早めに出て、疲れたらその都度サービスエリアや近くのコンビニで休むというようにしていました。
2人目は育休中なので、車の運転はなかったですが、添い寝しながらよく一緒に寝ちゃってました笑
ただ、これは今も変わらずよく添い寝しながら寝落ちしちゃいますσ(^_^;)
もう一つはよく水を飲んでいました。
これは実は自分では気づいておらず、隣の席の先輩に妊娠を報告したら
「そういえば最近やたら水飲んでたよね」
と言われました。
確かによく飲んでいたかもしれません・・・
しかも、カフェインがダメだったけどすっきりしたい時はひたすら炭酸水を飲んでいました!
これはつわりがなくなってからもよく飲んでいました(笑)
あと辛かったのが・・・便秘です!
今までずっと快便人生を過ごしてきていたのですが、妊娠初期に初めて便秘に苦しみました(´;ω;`)お腹が重ーく感じて、ホントにしんどいんですよね。

現在の状況

つわりは12週あたりを目安になくなり、今はすごくモリモリ食べて元気に過ごしております。
息子にも赤ちゃんがお腹にいることは毎日話してますが、どこまで理解できてるかな?と言った感じです。ただ、本能で感じているのか理解できているのか日に日に甘えん坊になっている気がします…
嬉しいんですけどね(*´∀`*)
正直、子育てしながらのつわりは結構辛いというのは事実ですが(特につわりが始まったのと息子が風邪ひいたのが重なった時は本当に歩けないくらいしんどかった…)、主人と息子と3人でお腹の中で赤ちゃんが成長している日々を過ごせるのはとても幸せだなと改めて実感もしています。
少しでも参考になれば幸いです。

 

にほんブログ村「2019年生まれ」ランキングに参加中です。
応援クリックしてもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 子育てブログ 2019年4月〜20年3月生まれの子へ

ABOUT ME
不器用下町ママ
2019年12月第一子、2021年5月に第二子誕生。現在育休中。 子育てに奮闘しながら、何気ない日々でも、子供がいるだけで毎日発見の繰り返しを楽しんでいます♪